デジタルサイネージ

i-Clip Viewer/アイクリップビューア


タッチ機能

エクセルで作成したコンテンツを、タッチ式のモニターで切り替えることが可能です。 施設案内やインバウンド表示などにご利用いただけます。
※ボタンで複数のコンテンツを切り替えるようなコンテンツ向きです。 マルチタッチや多階層のコンテンツ作成には対応していません。

タッチコンテンツ対応
エクセルで作成したコンテンツサンプルです。
画面上に複数のボタンを配置してコンテンツの切り替えが可能です。
タッチコンテンツサンプル1 タッチコンテンツサンプル2
タッチコンテンツサンプル3 タッチコンテンツサンプル4

センサー連動機能

エクセルで始めるIoTのご提案です。
エクセル内でセンサーユニットとのリンク設定を行うことで、各種センサーの値に対応してリアルタイムに表示内容を変えることができます。
詳しくはIoTサイネージページをご覧ください。

デジタルサイネージIoT




外部機器との連携

火災警報器や緊急警報端末などの外部機器から、接点情報を受けて表示を切り替えることができます。
緊急情報等のコンテンツは予めプレーヤーPCに登録しておきます。

外部機器と連動できるデジタルサイネージ

チャンネル切替機能

ボタン操作だけでコンテンツを簡単に切り替えることができる機能です。
エクセルを使ってプレーヤーPCに保存しておいた複数のチャンネル(コンテンツ)を、 キーボードなどの入力端末で切り替えます。施設案内やインバウンド対応などにご利用いただけます。

1.エクセルからコンテンツをプレーヤーPCに送信します。

サイネージチャンネル機能1

2.プレーヤーPCに接続されたキーボードなどで表示の切り替えが可能です。

サイネージチャンネル機能2

CSVファイルとの連携

CSVファイルなどのデータファイルを、エクセルのセルにリンク設定が可能です。
定期的に更新されるCSVファイルを常駐ソフトが監視し、自動的に表示を更新します。  工場内などで情報の「見える化」にご活用いただけます。

サイネージCSV連携1
サイネージCSV連携2

映像ニュース表示対応

news.jpg

株式会社共同通信社様などが提供するニュースや経済情報、天気予報などの表示に対応しています。 注目度の高いニュースコンテンツと、エクセルで作成したコンテンツをスライドショーで表示することが可能です。

共同通信社様のWebサイトはこちら

※ニュース表示には別途契約が必要で、初期設定費用、月々のコンテンツ料金が必要です。


複数拠点からのコンテンツ配信

複数の拠点からサイネージモニターへコンテンツを配信。 i-Clip Viewerの基本設定は上書きなので、後から配信されたコンテンツが優先されて再生されてしまいます。 設定を変更することによって、複数の拠点から登録したコンテンツを、上書きすることなく、スライドショーで全て表示が可能です。

複数運用者に対応

カスタマイズ対応

当ウェブサイトでは、お客さまによりよいサービスをご提供するため、Cookieを使用しています。
Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については「個人情報保護方針」をお読みください。

OK